アート、旅、食べ歩き、映画や本、インテリアなど日常のことを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めての白山登山 1日目
ついに初日。
5時起きで、市ノ瀬へ向かう。
ここから登山が始まるのです。

IMG_8960.jpg

20人で一斉にスタート!

会社が3つ集まってのメンバーです。
どうやら、山も好きだが、酒も好きという人が多く、
山での宴会は毎回大盛り上がりとのこと。
楽しみです。

前日までにジムの登山マシーンで鍛えた私は、思ったより足取り軽く、
ぐいぐい上って行けます。

RIMG0063.jpg

RIMG0105.jpg


体力が無い私が一番心配だったのが、本当に登りきれるのか。

やさしい人が多く、途中休憩していると甘納豆など分けてくれます。
これがおいしい!
普段甘納豆がこんなに美味しいと思った事が無い私はびっくり。

かなり登り、いよいよ、休憩所。

RIMG0132.jpg

料理

料理が始まります。

メニューは、鶏白菜鍋に、餃子、天ぷらです。

山で食べると本当に美味しく。
お水も美味しい。

みんな麦焼酎やビールなど、お酒を楽しみ、
次は今日の宿泊先、白山室堂に向けまた歩き始めます。

どんどん高くなるうち、周りの景色も見た事が無い美しさがあります。

RIMG0137.jpg

RIMG0153.jpg

続きます。

スポンサーサイト
初めての白山登山 決心&準備編
長らくお休みしてすいませんでした。
ブログをお休みしていた間も色々ありました。

それはまた、しばらくしてから書くとして。。。

山ガール、という言葉が流行ってしばらくたちますが、
もともと田舎育ちの私は、山とか自然が大好きです。

空気も良くてリフレッシュできるし、あの緑色が大好き。
山では見た事が無い珍しい景色がいっぱいあると思います。

そんなとき、会社の女の子からの
「白山登山行きませんか?」との嬉しいお誘い。
乗らないわけはありません!

計画としては、20人くらいで、
白山の山頂あたりで1泊の日程だそうで。
どうやら、お風呂には入れないし、男女相部屋とのこと。
結構ハードそう。

まずは、私が気になるのが、持ち物。
もともと、山グッズのデザインや機能性に惹かれていたので、
これを機にそろえたいな。

検索してみると、山にいる持ち物がいーーーっっぱい!

* ザック
* トレッキングシューズ
* 雨具
* 軍手
* 防寒着(夜間登山時)
* 懐中電灯・ヘッドライト(夜間登山時)
* 日焼け止め
* 水・スポーツドリンク
* タオル
* ゴミ袋・トイレットペーパー・ウエットティッシュ

まだまーだいるものがいっぱい。

2週間かけて、少しずつそろえることにしました。

会社の人に教えてもらった、montbellというアウトドア専門店へ。
かわいくて機能的なグッズがいっぱい!

お店の人とながーく相談して、
私が買ったのは、
長袖のTシャツ2枚、半袖Tシャツ1枚、ヘアバンド。

山へ行く時には、普段着ているコットンではなくて、
ポリエステルなど化繊のものが乾きやすくていいそうです。

ここで、すでに1万円ほどになってしまった。。。

結構山のグッズはお金がかかるのです。
どうしても必要なのがあとは

雨具はとりあえず、100円均一の雨合羽でやりすごし、あとは

ザック(リュック)と杖は、お借りする事にしました。

結局、憧れの山ガールのようなファッショナブルなスタイルには近づかなかったものの、
とりあえず行けるようにはなりました。

前日は夜中1時まで荷物を詰めました。
というのも、一つ一つ雨にぬれると大変なので、ジップロックに入れるのです。

いよいよ、登山の朝です。
つづく。

小松市の鞍掛山を登山でダイエット!?の巻
ちょっと前に、一里野のブナ林を散策し、
「山って、自然ってすばらしい…!」と思った私。
すぐさま登山用シューズを購入して、使いたくてうずうずしてたのです。

手始めに、小松市の那多寺のちかく、鞍掛山(くらかけやま)にチャレンジすることになったのです。

石川県の山、という本には、初心者コース難易度星3つ中1つ、ということで、
少しだけ、いやいやかなーーーり、なめてかかってましたのです。

山を入ったばかりのところは、日陰が多くてひんやり。
川も近くを流れていて、砂利道をひたすら上ります。
雨が降ったばかりでぬかるんでいますが、
それはニューシューズのこと。いい仕事してます。滑り知らず。

8月の土曜日の昼下がり
思いのほか暑くて、
知らず知らずに汗びっしょり。
今まで掻いたこと無いくらい、もーーー汗だく!!!

途中、かなりハードになって、
ロープを持って這い上がるコースもあって、
私にとっては星3つほど難しい山でした。

耳のまわりを「ぶーん、ぶーん」とうるさいアブが多い!
「わたしの血は渡さん!」
タオルを振り回しながら、進みます。

何度も挫けそうになりながらも、ようやく頂上へ!

すごく眺めが良くて、小松ドームも小さく見えました。

途中で滝もあったりして、結構楽しめるコースだったと思います。

降りるのも一苦労で、ようやく下山したときには、夕方でした。
14時半に登り始め、下山したのが17時半くらい。

その後、うさみ温泉にいったのですが、
そこで体重を見てにんまり。


1kg痩せました!!!


自然とダイエットを愛する私は、
これからも登山にチャレンジしよう、と決意しました。

アブだけがちょっと恐くて。アブを避ける方法知りませんか?
あと、山の写真を撮るカメラも欲しいな~と思ってます。
何かアドバイスあればお願いしまーす。
プロフィール

nekonomehiyori

Author:nekonomehiyori
石川県に住んでる30代女子。
気になることがあれば、即行動がモットー。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
おきにいりのもの

ダック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。