FC2ブログ
アート、旅、食べ歩き、映画や本、インテリアなど日常のことを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2006へ行ってきました
アートによって妻有地域の潜在力を呼びさます「大地の芸術祭」。
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2006へ行ってきました。

会期 :2006年7月23日(日)~9月10日(日)50日間
会場 :越後妻有2市町760km2
新潟県十日町市、津南町
総合ディレクター :北川フラム
参加アーティスト :40の国と地域 約200組(2006年3月末現在)

最終日、9日、10日に参加しました。
越後妻有アートトリエンナーレ2000にも参加したんですが、3年に1度開催される
里山とアートの融合です。

初回はびっくりしました。
たいしたことないだろうと思ってたら、いきなり里山とアートが見事に融合した作品たち。
稲のなかに鮮やかな色、コンセプトや、カタチ。

今回もそんな思いが忘れられず、車で参戦。

9月ということもあり、秋風が・・・ということは全く無く、おそろしく暑い日でした。
(37度!)
最後には大雨まで降りだし、こんなところでも自然を味わわせてくれました。

車で作品の番号を探して、あっちへうろうろ。こっちへうろうろ。汗だくです。

RIMG0760
すべてが木で掘られた家「脱皮する家」

RIMG0747
等身大の昆虫ポスターがあった「キョロロの家」

RIMG0743
これが等身大の昆虫ポスター

RIMG0638
センター

アートトリエンナーレ9日2
草間ヤヨイさん、好きだな。。。

RIMG0727

地元の小学生が刺繍した羊毛でできた旗

RIMG0726
刺繍が上手!本当に小学生?

今回も、日常は普通の田舎なのに、それがアートが組み合わさることで、
色々な人の目に触れ、さらに輝いていました。

新潟の自然は本当に綺麗です。

木に巣をつくり、その中に入って鳥の気持ちになる作品がありましたが、
作品はもちろん、山の木が美しすぎて、木漏れ日や、ふかふかの木のくずのじゅうたんや、
さらに良い時間を過ごせました。

地元の人も、いつもは過疎に悩んでいるところに、大勢の人が来ているからと、
カフェを手伝ったり、刺繍したり、家の田んぼを草むしりしたり、お寺でお茶をいれてくれたり、
あたたかかったです。

本当にリフレッシュ&色々と考えさせていただきました。
3年後、またいきます。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://nekonomehiyori.blog72.fc2.com/tb.php/26-ea024adf
プロフィール

nekonomehiyori

Author:nekonomehiyori
石川県に住んでる30代女子。
気になることがあれば、即行動がモットー。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
おきにいりのもの

ダック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。