FC2ブログ
アート、旅、食べ歩き、映画や本、インテリアなど日常のことを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心配性LASIK(レーシック)手術体験記 手術当日②こげこげ
部屋に入っていよいよ手術開始です。

手術の手順について興味のある人はこちらから
http://www.skaifuku.com/surgery/sgy_02.html

歯医者の椅子ならぬ手術台に寝転び、顔にビニールで出来たシートをかぶせてもらい、
目の周りを保護。手術台の枕で大体の頭の位置を固定してもらい、
まずは右目目に目を開く機械「開眼器」をつけてもらいます。

無理やりに目を開くので、痛いのでは??目が乾燥する??とすごーく不安でしたが、
そんなことより、目が切られることのが心配になってますんで、その痛みなんて気にならないです。
やっぱり麻酔しているわけではなく、すべてなんとなく分かるので怖いです。

椅子に座っている私の後ろに目薬を数種類さしてもらい、手術が近づいている感じ。


看護婦さんがトントン開始です。


先生:「×●△■??●×●△■??●△■??●~~」


え??はっきりいって、先生なにいってるかわかりません。声小さいしぼそぼそです。
先生はおじいちゃんなんです。(失礼?)
ここで「え?」とか言うと怒られそうなので、分からないまま
「はい!」と先生に答えるわたし。小心者です。

そして、ものっすごい力で目のまわりを脱脂綿で拭かれました。
5周はしましたが、目の周りがただれそうなくらい強い力です。
これなら話題の感染症にもなりませんね、きっと。


手術前の説明で聞いた、角膜上に特殊なインクでマーキングを行ってるようです。
これはフラップを元に戻すときの位置を正確に合わすために行います。
目の黒目と白目のさかいに×印をつけるんです。結構原始的です


ついに、恐れていたマイクロケラトームという機械を角膜の表層に当ててぴらっとめくり、
フラップを作る作業!
怖かったーーー。今思い出しても寒気が。。。

矢継ぎ早に、めくった目の上にレーザーを照射します。
20秒のレーザーで乱視を直し、その後の20秒のレーザーで近視を治すそうです。


事前に「レーザーを照射している間は音がすごい」と聞いていて、ものすごい轟音を想像していたのですが、
実際は、バチバチバチバチといった音で、そこまでではありませんでした。

先生:「×●△■??●×●△■??●×●△■??●×●△■あと40秒~~」
先生:「×●△■??●×●△■??●×●△■??●×●△■あと30秒??●~~」
先生:「×●△■??●×●△■??●×●△■??●×●△■あと20秒??●~~」


どうやら先生大声でカウントダウンしてくれているようですが、よく分かりません。
ばちばちいう音と先生の大声で、ここが手術のメインだと分かります。


レーザーは40秒くらいしていたと思うのですが、その間、角膜が焼かれている
髪の毛が焦げたようなにおいがしました。

「手術中、赤い光を見続けられることができるかなぁ」と不安でしたが、
なんとか頑張り40秒が過ぎました。
このレーザーを当てるときに動いてしまうと、大変なことになるんです!

手術後、同じ日に手術した男の人に
「レーザーを当てるときにすっごく怖くて動いてしまったせいで、膜がよれてしまって痛いよー。」
と聞きました。

手術完了。


続きます・・・長くてごめんなさい。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
138. あっさむ   URL  2009/04/15 16:01 [ 編集 ]
ぎゃ~。よくもそんな大変な手術を・・・がんばったね~。やはり男の人の方が痛みとかによわいんかね~。
今度会うときが楽しみやわ。無事そうでなにより。お疲れ様。

139. ミツキ   URL  2009/04/15 23:53 [ 編集 ]
こぇぇぇぇぇーガクガクやわー

でもすごく参考になります。私もただ今レーシックの検査の為眼鏡生活だよー
140. kuniyoshisan   URL  2009/04/16 08:39 [ 編集 ]
きゃー
怖い 血と痛いのがぜんぜんダメなので
すごい!
お疲れさまでした
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nekonomehiyori

Author:nekonomehiyori
石川県に住んでる30代女子。
気になることがあれば、即行動がモットー。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
おきにいりのもの

ダック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。