FC2ブログ
アート、旅、食べ歩き、映画や本、インテリアなど日常のことを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デジイチ、ライブの撮影テクニック
デジイチ買ったものの、使いこなせてない。
そんなわたしがライブ撮影を頼まれ(自分から頼み込み)ました~。

ドキドキしてます。

色々とサイトから得た情報。


1)フラッシュは不要である。
  距離が遠ければ届かないし、近ければ演奏の邪魔にもなりかねないし、
  また、他のお客さんにも不快感を与える。
2)三脚は不要である。
  それこそライブで舞台のまん前に三脚を立てたら他のお客さんの迷惑になる、
  仮に可能だとしても、アングルが固定されるのでライブや演劇には不向き。
3)手ブレ補正機能はスローシャッターを狙うという高度な撮影の時のみ必要
  そうでなければ、止めて写すシャッター速度では手ブレは関係ない。
4)一眼レフである必要は無い。
  最近の高感度コンパクトでも十分である、ただしタイムラグやAF性能
  は若干の撮りにくさの問題もあるかもしれない。
5)一眼レフの場合は、AFに頼らず、MFにする事。
  また、露出モードは「絞り優先」または「マニュアル露出」にする事。


シャッターは、ゆっくり押す。
シャッターを勢いよく押すと、カメラが動いてしまいぶれてしまいます。
ゆっくり、オートフォーカスが働くところまでシャッターボタンを一回押し込んで、
さらにゆっくりボタンを押してシャッターをきるようにします。

(6)スポットライトが当たっている時に、撮影する。
スポットライトが当たっていれば、フラッシュを焚く必要はほとんどありません。
自然で写りの良い写真を撮る絶好のチャンスです。

(8) たくさん撮る。
2枚ずつくらい同じ構図で撮ります。

(9) 本番のライブの前にたくさん練習する。
部屋の中などのように、暗いところでいろいろ練習すると自分のカメラの特製が分かってきます。
どうやったらどうなるかをいろいろ変えて撮影し、結果をPCなどの大きな画面で見ると、自分なりの傾向と対策をつかめると思います。

ああ~~。上手くいくかしら???
乞うご期待!
スポンサーサイト
この記事へのコメント
176. ミツキ   URL  2009/12/12 00:20 [ 編集 ]
これは期待してるよ♪
179. nekonome   URL  2009/12/12 21:45 [ 編集 ]
撮影終了。今から報告します。
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nekonomehiyori

Author:nekonomehiyori
石川県に住んでる30代女子。
気になることがあれば、即行動がモットー。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
おきにいりのもの

ダック

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。